【U17】仏人記者、久保建英を絶賛「フランスはタケフサを捕まえきれなかった」 – エキサイトニュース

Home » 03マーケティング » 【U17】仏人記者、久保建英を絶賛「フランスはタケフサを捕まえきれなかった」 – エキサイトニュース
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



 U-17W杯のグループステージ第2戦が11日に行われ、U-17日本代表は1-2でフランスに敗れた。

 アミン・グイリの2ゴールも含め、フランスには攻撃の高いクオリティを見せつけられた末の敗戦。しかし、フランスの国営放送『フランス・テレヴィシオン』のカマーソン・マルティン記者に試合の感想を尋ねると「フランスにとって決して簡単な試合ではなかった。特に後半は守備で手を焼いたと思う」と分析した。

「技術的に優れた選手が多くいた」という日本の選手の中で、マルティン記者が最も強く印象に残ったのは「久保建英」だと語った。初戦のホンジュラス戦で1ゴール1アシストを記録した日本の背番号7だったが、フランス戦は不発。それでもフランスを苦しめていたようだ。

 マルティン記者は「フランスはタケフサを捕まえきれなかった。彼のあいまいなポジショニングが厄介だった」と、久保の印象を述べた。

 2ゴールの活躍でフランスを勝利に導いたFWグイリは、日本戦前に「久保のことは知っている」と語り、U-20W杯でのプレーを見て警戒する姿勢を示していた。久保自身、厳しいマークを受けてなかなか持ち味を出し切れない試合であったことは間違いないが、世界の舞台で改めてクオリティの高さを示したと言えるだろう。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す