ビール、ワイン、スピリッツの主要企業CEOがデジタルチャンネルでの責任あるマーケティングの新基準開発へ – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Home » 03マーケティング » ビール、ワイン、スピリッツの主要企業CEOがデジタルチャンネルでの責任あるマーケティングの新基準開発へ – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
03マーケティング, ソーシャル・マーケティング コメントはまだありません



ビール、ワイン、スピリッツの主要企業CEOがデジタルチャンネルでの責任あるマーケティングの新基準開発へ

AsiaNet 70092 (1410)

【コペンハーゲン(デンマーク)2017年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】ビール、ワイン、スピリッツの主要生産者の最高経営責任者(CEO)として、われわれは多くの世界で最も人気のあるブランドの管理者であり、この義務を真剣に引き受ける自負のある雇用者である。真に変化をもたらし、業界責任の高い基準を設けてそれを守るために集団的に行動し続ける決意をするのはそのためだ。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160524/371287LOGO

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/556340/IARD_CEOs.jpg

われわれは急速に変化する分野であるデジタルチャンネルでの責任あるマーケティングでベストプラクティスを示す新しい強固な基準を他の人々と協力して開発する新たなコミットメントを発表する。

情報技術(IT)は歴史上のいつの時よりも世界を急速に変化させており、デジタルチャンネルの激増は人々がわれわれのブランドを理解し、相互作用するやり方を変化させた。これは今や消費者がわれわれと関わりたい舞台なのである。われわれはマーケティングの行動規範の強化や拡大で大きく前進してきたが、デジタルメディアは消費者の識見の向上、データと技術の改善の機会を進化させている。われわれはこれらの機会を利用して、変化する環境を考慮し、われわれの商品を合法的に買える大人だけに伝えることを保証するデジタルマーケティングの強固な責任基準を設定する決意である。

内部のマーケティング担当者、代理業者、ソーシャルメディア企業と協力することにより、わが業界と潜在的に他の業界のためにもこれらの厳しい基準を作り出せると信じる。

われわれは個別に取り組むより協力する方がより多くを達成できることを知っており、国連の持続可能な開発目標を支持してアルコールの有害な利用をさらに減らすために全面的かつ積極的な役割を果たす機会を歓迎する。

署名者:

カルロス・ブリト
最高経営責任者(CEO)
アンハイザー・ブッシュ・インベブ(AB InBev)

泉谷直木
会長兼CEO
アサヒグループホールディングス

マイク・ドラン
CEO
バカルディ(Bacardi Limited)

マット・シャトック
会長兼CEO
ビームサントリー(Beam Suntory)

ポール・バーガ
CEO
ブラウン=フォーマン(Brown-Forman)

セースト・ハルト
CEO
カールスバーグ(Carlsberg Group)

アイバン・メネジス
CEO
ディアジオ(Diageo)

ジャンフランソワ・バン・ボクスメール
CEO
ハイネケン(Heineken)

磯崎功典
代表取締役社長
キリンホールディングス

マーク・ハンター
CEO
モルソン・クアーズ(Molson Coors)

アレクサンドル・リカール
CEO
ペルノ・リカール(Pernod Ricard)

編集者注:
われわれは2012年、アルコールの有害な使用を減らす世界保健機関(WHO)の世界戦略を実行する加盟各国の取り組みを支援するコミットメントの5カ年計画を開始した。Beer, Wine and Spirits Producers’ Commitments to Reduce Harmful Drinking(有害な飲酒を減らすビール・ワイン・スピリッツ生産者のコミットメント)の署名11社はアンハイザー・ブッシュ・インベブ、アサヒグループホールディングス、バカルディ、ビームサントリー、ブラウン=フォーマン、カールスバーグ、ディアジオ、ハイネケン、キリンホールディングス、モルソン・クアーズ、ペルノ・リカールである。

生産者のコミットメント
*未成年者の飲酒低減
*マーケティング行動規範の強化・拡大
*消費者への情報提供と責任ある製品イノベーション
*飲酒運転の低減
*有害な飲酒を減らすための小売業者の支持獲得

ソース:IARD

CEOs of Leading Beer, Wine and Spirits Producers to Develop New Responsible Marketing Standards for Digital Channels

PR70092

COPENHAGEN, Denmark, Sept. 15, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

As the CEOs of the leading beer, wine and spirits producers, we are stewards of
many of the world’s most popular brands and we are proud employers who take
this obligation seriously. That is why we are determined to continue to work
collectively to make a real difference and set and live up to high standards of
responsibility for our industry.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160524/371287LOGO )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/556340/IARD_CEOs.jpg )

Today we announce our further commitment to develop, in collaboration with
others, new robust responsible marketing standards for digital channels that
represent best-practice in this rapidly-changing field.

Information technology is changing our world faster than at any time in history
and the explosion of digital channels has transformed the way in which people
understand and interact with our brands. This is now the arena where our
consumers want to engage with us. Although we have achieved significant
progress in strengthening and expanding marketing codes of practice, digital
media presents evolving opportunities with improved consumer insights, better
data and technology. We are determined to use these opportunities to set robust
responsibility standards for digital marketing that take account of the
changing landscape and reassure others that we direct our advertising only to
those adults who can lawfully buy our products.

By working with our marketers internally, agencies and social media companies
we believe we can create these rigorous standards for our industry and
potentially for others.

We know we can achieve more together than we can by working separately, and we
welcome the opportunity to play a full and proactive role in further reducing
the harmful use of alcohol in support of the United Nation’s Sustainable
Development Goals.

Signed:  

Carlos Brito  
Chief Executive, AB InBev

Naoki Izumiya
Chief Executive, Asahi Group

Mike Dolan
Chief Executive, Bacardi Limited

Matt Shattock
Chief Executive, Beam Suntory

Paul Varga
Chief Executive, Brown-Forman

Ceet ‘t Hart
Chief Executive, Carlsberg Group

Ivan Menezes
Chief Executive, Diageo

Jean-Francois Van Boxmeer
Chief Executive, Heineken

Yoshinori Isozaki
Chief Executive, Kirin Holdings Company

Mark Hunter
Chief Executive, Molson Coors

Alexandre Ricard
Chief Executive, Pernod Ricard
                                                                      

Notes to editors:

– In 2012, we launched a five-year program of commitments to support Member
States in their efforts to implement the WHO Global Strategy to reduce the
harmful use of alcohol. The 11 signatories to the Beer, Wine and Spirits
Producers’ Commitments to Reduce Harmful Drinking are Anheuser-Busch InBev;
Asahi Group Holdings; Bacardi; Beam Suntory; Brown-Forman Corporation;
Carlsberg; Diageo; Heineken; Kirin Holdings Company; Molson Coors; Pernod
Ricard.
– The Producers’ Commitments
   – Reducing underage drinking
   – Strengthening and expanding marketing codes of practice
   – Providing consumer information and responsible product innovation
   – Reducing drinking and driving
   – Enlisting the support of retailers to reduce harmful drinking

Source: IARD




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す