スポーツブランドJaybirdから完全ワイヤレスイヤホン–「走るために作った」 – CNET Japan

Home » 03マーケティング » スポーツブランドJaybirdから完全ワイヤレスイヤホン–「走るために作った」 – CNET Japan
03マーケティング, カテゴリー・マネジメント コメントはまだありません



 ロジクールは9月15日、Jaybirdブランドから左右のケーブルを省いた完全ワイヤレスタイプのスポーツ用ヘッドホン「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」(Jaybird RUN)を発表した。「走るために作った」という独自の防汗性、装着性、耐久性を備える。発売は9月25日。参考税別価格は2万5880円になる。


「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」

 Jaybirdは米国のオーディオブランド。フィットネスやスポーツに最適なBluetoothイヤホンで定評があり、アメリカトライアスロン協会の公式トレーニングヘッドホンにも選ばれている。

 Jaybird RUNは、スポーツ用イヤホンを多く手がけるJaybirdブランドの完全ワイヤレスモデル。スポーツ中でも耳から外れないよう、一体型イヤーフィン、チップ1/2/3/4を標準装備し、組み合わせることで1人ひとりの耳に合った装着感を提供する。

 IPXは取得していないものの、独自の防汗性能を確保。これはスポーツ用ヘッドホンには、油分や塩分などを含む汗に強い構造にすることが重要との思いから採用したもの。水分が入らない機構を採用したほか、二重の疎水性ナノコーティングを施し、日差しや雨にも強いという。

 イヤホン部と充電ケースから構成され、充電ケースに収納すると充電を開始する仕組み。イヤホン本体で4時間、充電ケースで8時間の連続再生に対応するほか、約5分の充電で1時間の再生ができるクイック充電も可能だ。

 イヤホン部は6mmのドライバを備え、右側が親機で右から左へと信号を飛ばすことによって完全ワイヤレスを実現。左右は個別に駆動するため、別々の人間が装着して、音楽を共有することも可能。左側だけオフにして外音を取り込みながらスポーツするなどの使用もできる。


イヤホン部の重量は片耳6.83g


Jaybirdシニア・リージョナルカテゴリー・マネージャーのNurcin Loffler(ナーチン・ロフラー)氏

 Jaybirdシニア・リージョナルカテゴリー・マネージャーのNurcin Loffler(ナーチン・ロフラー)氏は「一貫してアスリートのために、スポーツのために開発を続けている。走ることが好き、音楽が好き、けれどワイヤードは大嫌い、という思いを形にし、アスリートの方へベストな経験を約束する」とJaybird RUNの位置づけを説明した。

 発表会にはスペシャルゲストとして、ランナーの川内鴻輝さんとラテンアメリカンダンサーの曽又奈々さんが登場。曽又さんはダンスのターンを披露し、外れにくいことを実証。川内さんは、2歳から走っているという川内家ならではのトレーニング内容を明かしたほか「ワイヤレスなので、サングラスなどをかけても引っかからないのは便利。電話機能もすごくいい」と使用感を話した。


スペシャルゲストとして、ランナーの川内鴻輝さんとラテンアメリカンダンサーの曽又奈々さんが登場

 専用アプリ「Jaybirdアプリ」も用意し、スマートフォンと連携した使用もサポート。低域から高域まで音をカスタマイズでき、その設定はイヤホン側に保存できるほか、ランニングプレイリスト、ボタンコントロール、イヤホン検索などの機能も備える。

 あわせて、左右のイヤホンをケーブルで接続したワイヤレスモデル「Jaybird FREEDOM 2 WIRELESS SPORT HEADPHONES」(参考税別価格:1万9880円)も登場。Jaybird RUN同様に9mmのドライバや二重の疎水性ナノコーティングなどを採用する。

 「SPEEDFITコードマネジメント」を搭載し、装着したままでコードの長さ調整が可能。「チャージングクリップ」を使用すれば、再生しながらの充電ができ、イヤホン本体での4時間とチャージングクリップ4時間で、合計8時間の再生が可能だ。




「Jaybird FREEDOM 2 WIRELESS SPORT HEADPHONES」


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す