カタリナ、米国 Leanplum社と業務提携し独自マーケティング プラットフォームを共同事業展開 – ベンチャータイムス

Home » 03マーケティング » カタリナ、米国 Leanplum社と業務提携し独自マーケティング プラットフォームを共同事業展開 – ベンチャータイムス
03マーケティング, One to Oneマーケティング コメントはまだありません



7
  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy
株式会社カタリナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山岸 辰雄)は、モバイル向けマーケティング プラットフォームを展開するLeanplum社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Momchil Kyurkchiev、以下 Leanplum社)と業務提携をしたことを発表した。
Leanplum社は2012年に元Googleのエンジニアによって設立された企業。AIを駆使し、「顧客LTV(Life Time Value)の最大化」を目的としたモバイル向けマーケティング プラットフォーム『リーンプラム』を提供している。

『リーンプラム』は「顧客毎にパーソナライズ化された One to One メッセージ」、「自動化されたA/B テスト (メッセージ、UI、機能)」、「独自の指標を追加可能なアナリティクス」、「CRM等の外部サーバとデータを連携可能な API」、「位置情報によるターゲティング」等の機能を有している。

これらの機能により、『リーンプラム』は、ジャンルを問わず、ゲーム、トラベル、ショッピング、ニュース、マガジン、デリバリー、グルメ、といったアプリに対して、リテンション、エンゲージメント、売上、かご落ち等といった課題解決へのソリューションを提供する。

また、アクティブユーザーに対する施策だけではなく、休眠ユーザーに対するリエンゲージメントといった施策を実施することも可能となる。
契約期間中は、Leanplumのコンサルティングチームによる課題分析、施策提案、施策設定支援、検証等のサービスが提供される。これも同社が支持されている特徴の一つになる。

今回の提携により、カタリナは、カタリナのアライアンスネットワークを用いて、特にアジア地域における事業展開を強力にサポートする。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す