新潟の呂比須監督、ゾーンでの守備に手ごたえ…新加入の大武峻と磯村亮太に高評価 – Goal.com

Home » 03マーケティング » 新潟の呂比須監督、ゾーンでの守備に手ごたえ…新加入の大武峻と磯村亮太に高評価 – Goal.com
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



明治安田生命J1リーグ第19節が7月30日に行われ、味の素スタジアムではFC東京とアルビレックス新潟が対戦。試合は1-1の引き分けとなった。試合後、新潟の呂比須ワグナー監督が、FC東京戦を総括。「もう少し冷静につながれば、もしかすると積極的に行けば、もっとゴールは入るのではと思う。次はホームの試合が2つあるので、勝ち点3を目指して頑張りたいと思います」と語った。

守備の手ごたえを問われると、「ずっとマンツーマンでやってきたものの失点が多いため、この3週間はゾーンの練習をしました。試合でも、自分の前のスペース、自分のゾーンをよく守ってくれて良かった。これから、もっともっと集中して、自分の前のスペースがある場合に、ボールを待つのではなく、ボールに行けるように頑張ってもらいたい」と、及第点を与える。

ただし、課題もある。「セットプレーからのセカンドボールは、もう少し早めにリオーガナイズすること。セカンドボールの狙いも、少しポジショニングに問題があったと思う。それは練習するしかないから、これからもっともっと頑張っていきたい」と、セットプレーやセカンドボールの処理について改善点を挙げた。

名古屋グランパスから加入したDF大武峻については、「周りの人たちの特徴やコンビネーションは、まだまだこれからだと思いますが、よく声を出せている。あとはビルドアップで、もう少しボールを早めに動かせば、もっとフリーな状態が出てくると思う。そうすると攻撃に関しても、もっとつながりやすくなると思う」と評価。また、久しぶりの試合出場だったことを踏まえ、「いいファイティングをしてくれた」とたたえる。

同じく名古屋から加入したMF磯村亮太については、「良かったと思います。冷静につなげる選手だと思う。周りの人を生かすこともできるし、試合中も声を出せる。コンビネーションも良くなっていくと思う。サイドチェンジも積極的に狙っていけば、もっともっとつなげられるし、サイドから一対一の状態ではすぐに勝負してほしい。バランス的には良かったし、期待できる選手だ」と、やはり高評価を与えた。

試合は終始、FC東京のペースだったが、先制点を挙げるまで、そして同点とされた後のプレーは良かったのでは。その問い掛けに、呂比須監督は「前から行きたいが、暑さの問題もあるし、リスクもある。前から行くことは90分間できない。できるだけパスコースを消しながら、敵陣でボールを奪えば、また攻めることができる。でもアウェイだし、行き過ぎると良くない。ベースラインをもう少し高めに持っていけば、相手にプレッシャーを掛けられるが、ラインを高くすると背後のスペースを空けてしまう」と、攻撃的に行くリスクを説明。「2点目を取ろうというアクションを早めに出せれば良かったが、相手のシステムもあり、前に行けなかった。その辺は、相手が強かったと思う」と分析した。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す