シリーズ最高傑作「ペルソナ5」を超ていねいに解説してみた – エキサイトニュース

Home » 03マーケティング » シリーズ最高傑作「ペルソナ5」を超ていねいに解説してみた – エキサイトニュース
03マーケティング, ペルソナ コメントはまだありません



9月15日に発売されたペルソナ5。もうクリアした人もたくさんいると思われる。筆者もようやくクリアすることができた。プレイは難易度ノーマルで時間98時間58分。久々にこれだけの時間を費やして一気にクリアするぐらい、魅力に富んだゲームだった。

『ペルソナ5』(アトラス PS4/PS3)
ペルソナシリーズ久々のナンバリングタイトル最新作。今までのシリーズを遊んでいなくても、楽しめる。なお、本作はネタばらし禁止でチュートリアル以外スクリーンショットを撮ることができないため、この後の画像は全てチュートリアルのものを使っている

ペルソナ5は出荷本数が55万本を突破してシリーズ最高の出足を見せているが、少し癖がある世界観やシステムを持っているのも確かだ。

そこで、ペルソナ4や3のアニメなどを見たりして、興味はあるけれどもゲームとしてのペルソナシリーズをやったことがない人向けに、どういうゲームなのかを説明していきたい。

ピカレスク・ロマンであり、クライム・サスペンス

ペルソナ4は「推理ジュブナイル」だったが、ペルソナ5は「ジュブナイル活劇」であり、「ピカレスク・ロマン」であり、「クライム・サスペンス」だ。

主人公はある事情で東京の高校に2年生として転入する。いつの間にかスマホにインストールされていた「イセカイナビ」により、歪んだ欲望の持ち主が持つ「パレス」とその精神世界へ入れるようになる。例えば、学校を我が物顔で取り仕切っている悪徳教師が学校を「自分の城」と思い込んでいたら、精神世界では学校が「城のパレス」として出現するというもの。

パレスの中には、主の歪んだ欲望によって「人の感情」が具現化した存在「シャドウ」がいて、主人公に襲いかかってくる。絶体絶命のピンチの際に、心の力「ペルソナ」に目覚め、撃退に成功。

シャドウを倒す力を得たことでパレスを探索できるようになり、奥で見つけた欲望の核である「オタカラ」を盗み出すことに成功すると、持ち主は「改心」して現実世界で悪事などを自白する。

主人公は仲間達と共に「心の怪盗団」を結成。予告状を出し、悪人の「オタカラ」を盗んで改心させる義賊となる。

さまざまな「パレス」から「オタカラ」を盗む。ときには追われて逃げることも

ギミック満載のダンジョンと、特徴敵な「カバー」

本作ではペルソナ3やペルソナ4のような自動生成ダンジョンではない、固定されたマップのダンジョンになっている。ただし、さまざまな仕掛けを解かないと先に進めない。ダンジョンでも謎解き要素が含まれているのだ。

そのため、障害物をジャンプで越えたりと、アクションをする必要がある。

「パレス」はギミックが満載で、通れそうにないところも「ジャンプ」して通ったり、仕掛けを発動させて先へ進む

一番特徴的なのは「カバー」だろう。

パレスの中のシャドウは、オタカラを守るためにパレス内を巡回している。主人公達を視界に収めると、警報を鳴らしながら迫ってくるのだ。警報が重なり、警戒度が最大まで達すると、すぐに見つかってしまうためしばらくの間そのパレスには入れない。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す