舞台「ペルソナ3」イベントで出演者意気込み「バスタオルを持ってきて」 – ナタリー

Home » 03マーケティング » 舞台「ペルソナ3」イベントで出演者意気込み「バスタオルを持ってきて」 – ナタリー
03マーケティング, ペルソナ コメントはまだありません



「舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」」の上演を記念したイベント、「舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade~青のホームルーム~』」が2月18日に東京・関交協ハーモニックホールにて行われた。

イベントには汐見琴音役の阿澄佳奈、岳羽ゆかり役の富田麻帆、伊織順平役の大河元気、山岸風花役の田上真里奈、アイギス役のZAQ、ジン役の松本祐一、チドリ役のはねゆりが登壇。当日不参加となった汐見朔也役の蒼井翔太からは「舞台はいよいよ完結を迎えます。皆様見逃さず、何度でもご覧ください。劇場で待っています!」とメッセージが寄せられた。

イベントでは、これまでの公演を場面写真を見ながら振り返り、出演者たちが4月公演の見どころを語った。はねゆりが、「チドリってストレガの中でも全然喋らなくて、ほとんど順平としか話さないんですが……」と始めると、大河が「チドリとのシーンはチドリを笑わせることしか考えていませんでした。役柄としてもチドリに笑って欲しいから、本番で面白いことを言って、1度だけ笑ってくれたことがあって、そのときは本当にうれしかった」と振り返る。それを受けはねゆりは「すっごい(迫って)くるなって思ってましたよ(笑)。でも、だから今回は前とは違うチドリと順平が見れるんじゃないかと思っています。皆様、楽しみにしていてください」と続け、大河も「ハンカチどころか、バスタオルを持ってきてください!」と意気込んだ。

その後、第2弾「群青の迷宮」に出演していた荒垣真次郎役・藤田玲が、女性主人公版の一部の公演にゲスト出演することが発表され場内からは歓声が。続くゲームコーナーではインディアンポーカーで今までの公演で培ってきたチームワークの高さを存分に発揮し、大盛況の末イベントは終了した。

イベント後に行われた会見には阿澄、富田、大河、田上、ZAQ、松本、はねゆり、そして藤原祐規坂口湧久鈴木知憲西山丈也が参加。富田は「ここまで来たんだなという想いと、最後なんだなという寂しい気持ちとあるんですけれど、最後はハンカチではなくバスタオルを持って劇場に足を運んでいただければ」、ZAQは「第4弾、最終章とアイギスもたくさん活躍すると思いますので、アイギスとともに一生懸命頑張っていきたい」と、それぞれに意気込みを語った。

阿澄佳奈コメント

初舞台で飛び込んだこの思い入れの強い作品の、ラストを迎えられることを本当に幸せだなと思っています。私の全身全霊をかけて臨みたいと思っておりますし、Wキャストの蒼井翔太くんも同じ気持ちだと思います。ぜひ劇場でご覧いただけると嬉しいです。

富田麻帆コメント

ここまで来たんだなという想いと、最後なんだなという寂しい気持ちとあるんですけれど、最後はハンカチではなくバスタオルを持って劇場に足を運んでいただければと思います。

大河元気コメント

2.5次元の舞台にいろいろ出演させていただいていますが、初演からずっと同じ役を最後まで演じるのが10年の経歴の中で初めてのことで、初めてがこの作品でよかったなと思っていますし、自分以外のキャラクターも誰も変わっていないということはすごいことだなと思いました。キャストが変わらないことによる絆も舞台上で感じていただけるんじゃないかなと思っています。最後まで全力で頑張りますので、すごく高いハードルで期待していただければと思います。

藤原祐規コメント

役者ってなかなかシリーズものを最後までできることってないと思うんですが、こういう機会をいただけたということで、第1弾からやっている分、僕らは最終章にかける意気込みがどんどん盛り上がってきています。ゲームをやっていた方の感動を超えられるように、みんなで頑張っていきたいと思います。

田上真里奈コメント

同じメンバーで突っ走って、同じ役の変化の過程を通して演じられることはなかなかないのでとても大事に思っている作品です。劇場にお越しいただければ、きっとキャストのすごい熱量を感じでいただけると思うのでぜひ体感しに来てください。

坂口湧久コメント

第4弾、最終章と精一杯頑張ります。

鈴木知憲コメント

全力でやらせていただきます。

西山丈也コメント

ストレガの最後を3人でやれるということで、散り際にご期待ください。

松本祐一コメント

最後までストレガとして人として、ペルソナの世界を生きていきたいと思います。よろしくお願いします。

はねゆりコメント

やっと、ストレガに戻ってこれてチドリとしては、思い入れのあるものになりますので、ぜひ皆さんに劇場に足を運んでいただきたいと思います。

ZAQコメント

第4弾、最終章とアイギスもたくさん活躍すると思いますので、アイギスとともに一生懸命頑張っていきたいと思います。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す