ネクソングループが「Tree of Savior」や「グラナド・エスパダ」開発元の … – 4Gamer.net

Home » 03マーケティング » ネクソングループが「Tree of Savior」や「グラナド・エスパダ」開発元の … – 4Gamer.net
03マーケティング, IMC コメントはまだありません




 ネクソンは本日(2017年2月27日),ネクソングループがIMC GAMESの株式を取得し,資本提携を結んだと発表した。

Tree of Savior Tree of Savior

 IMC GAMESは,ネクソンが提供しているPC用MMORPG「Tree of Savior」や,ハンビットユビキタスエンターテインメントが提供しているPC用MMORPG「グラナド・エスパダ」などを開発している韓国のメーカーだ。ネクソンはこの提携によって、「Tree of Savior」の運用の強化や,「Tree of Savior:Mobile Remake」iOS / Android)のグローバル配信に向けた協業を進めていくという。



ネクソングループ、PCオンライゲーム『Tree of Savior』の開発会社
IMC GAMESとの資本提携を発表

 オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、連結子会社であるNEXON Korea Corporation(所在地:韓国京畿道城南市、代表取締役社長:朴 智援/パク・ジウォン、以下 ネクソンコリア)が、IMC GAMES Co., Ltd.(所在地:韓国ソウル特別市、CEO:キム・ハッキュ、以下IMC GAMES)の株式を取得し、同社と資本提携をしたことをお知らせ致します。

 2003年4月に設立されたIMC GAMESは、経験豊富なゲーム開発者であるキム・ハッキュ氏がCEOを務め、PCオンラインMMORPG『Tree of Savior』や『グラナド・エスパダ』等、美麗かつ独創的なグラフィックを特徴とするゲームを手がける開発会社です。

 ネクソンは本提携を通じて、既存ゲーム『Tree of Savior』における運用の強化、及び開発中の新作モバイルゲーム『Tree of Savior: Mobile Remake』のグローバル配信に向け、IMC GAMESと密に協業を進めてまいります。

 今回の提携に際し、ネクソンコリアの代表取締役社長であるパク・ジウォンは、次のように述べております。「優れたパートナーであるIMC GAMESと、より一層連携を強化できることを嬉しく思います。ゲームの開発及び配信における、各社それぞれの強みを掛け合わせることにより、今後も高品質なゲームを提供してまいります。」

 IMC GAMESのCEOであるキム・ハッキュ氏は、次のようにコメントしております。

「ネクソンとの本提携が、モバイルゲームの新規開発を推し進めるきっかけとなることを願っています。新作のみならず、既存ゲームにおいても、引き続き完成度の高いコンテンツを皆様に提供できるよう、尽力致します。」

 2015年12月に韓国にて、そして2016年9月に日本にて、正式サービスを開始した『Tree of Savior』は、童話をモチーフにしたグラフィックに加え、キャラクターのスキルを細かくカスタマイズ可能な職業成長システムや壮大な世界観を特徴とする、オープンワールドMMORPGです。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す