今大会初先発の田川が劇的アシスト「最後にゴールが生まれたのは良かった」 – サンケイスポーツ

Home » 03マーケティング » 今大会初先発の田川が劇的アシスト「最後にゴールが生まれたのは良かった」 – サンケイスポーツ
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



前半、競り合う田川(9)=江陰(共同)

前半、競り合う田川(9)=江陰(共同)【拡大】

 サッカー・U-23アジア選手権1次リーグB組(13日、タイ0-1日本、中国・江陰)今大会初先発のFW田川が決勝点をアシストした。右クロスに遠いサイドで反応して頭で板倉につなぎ「粘り強く戦えて、最後にああいうゴールが生まれたのは良かった」と息をついた。

 ただ、前半にゴール前で迎えた決定機ではシュートを枠の上へ外し、後半も積極的に打ったが、自らはネットを揺らせなかった。「勝ったのは良かったが、ゴールできなかったのは悔しい」とストライカーらしく反省した。(共同)

森保一U-21日本代表監督の話「前半よりも後半にチャンスを多くつくれた。まだチームが立ち上がって時間がたっていないので、ベースアップできるように一戦一戦、戦っていく」

西野朗・日本サッカー協会技術委員長の話「第1戦は後半、相手に少しコントロールされたが、きょうはボールもゲームもコントロールした。まだコンビネーションが不十分ではあるが、良くなっていると思う」

原(3バックの右で今大会初先発)(カウンター対策を)監督からよく言われている。(中央の立田)悠悟とはすごくやりやすい」

遠藤(左ウイングバックで今大会初先発)守備のポジショニングが難しかった。やってみて分かったこともある」

井上(右クロスで決勝点を演出)いろいろ試行錯誤して90分間やった。最後の最後に点を取れてよかった」

ヤンコビッチ・U-23タイ代表監督の話「高い質の試合だった。チャンスは少なく、多くのことはできなかったが、選手の動きには満足している。パレスチナ戦では勝ち点を取りたい」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す