ブレインパッド、“パーソナライズ”をブランドコンセプトとするオーダースーツブランド「DIFFERENCE」にMAツール「Probance」を導入 – BIGLOBEニュース

Home » 03マーケティング » ブレインパッド、“パーソナライズ”をブランドコンセプトとするオーダースーツブランド「DIFFERENCE」にMAツール「Probance」を導入 – BIGLOBEニュース
03マーケティング, One to Oneマーケティング コメントはまだありません



株式会社ブレインパッドは、株式会社コナカが2016年10月に立ち上げたオーダースーツブランド「DIFFERENCE」に、BtoC向けマーケティングオートメーション(MA)プラットフォーム「Probance」を導入したことを発表します。なお、今回の取り組みは、当社と共に株式会社オールアバウトがコンテンツマーケティング支援の一環としてサポートしています。

「DIFFERENCE」は、株式会社コナカが「実店舗とウェブの垣根をなくしてシームレスに、お客様一人ひとりに最適なオーダースーツを提供」するために立ち上げたオーダースーツブランドです。初回来店時にプロのテイラーによって採寸されたデータをもとに、2着目以降はお客様自らがウェブやスマートフォンアプリを使って、どこでも簡単にデザインのカスタマイズやオーダーができる、画期的なオーダースーツ体験を提供しています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143066/img_143066_1.png
■“自由に楽しく、パーソナライズなオーダースーツ体験を”のコンセプトにマッチした「Probance」
株式会社コナカ ディファレンス事業部 ゼネラルマネージャー 中嶋 傑氏からのコメント
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143066/table_143066_1.jpg

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/143066/img_143066_2.png
■来店後のアフターフォローコミュニケーションをパーソナライズすることから、施策スタート
「DIFFERENCE」立ち上げ1年目の現在は、お仕立て後のアフターフォローのコミュニケーションに注力しています。そのコミュニケーションを図るための施策として「Probance」を活用しています。スーツをお渡しした日を起点として配信しているパーソナライズフォローメールの開封率は高く、そのメールに対してお客様から返信がくることもあり、単発購入で終わらせないCRMとしての役割も担っています。

今後も、ブレインパッドは、テイラーとお客様をシームレスにつなげ、購買履歴やウェブアクセスログなどのデータに基づく、よりパーソナライズされたコミュニケーションの実現に向けてご支援していきます。

■ブランドの事業フェーズに応じて拡張可能な柔軟性を持つProbanceを採用
「DIFFERENCE」のプロジェクトチームによるMAツールの比較検討の結果、「Probance」は、「誰に」「いつ」「何を」送るかのシナリオイメージが持ちやすいのに加え、今後の事業成長も見据えて拡張可能なアーキテクチャであることを評価され、ご採用いただきました。

<Probance採用のポイント>
1.インプット(データ連携)とアウトプット(チャネル)の拡張性
「Probance」は多様なデータを連携できるため、パーソナライズするために必要な情報がインプットでき、メールだけでなくアプリのプッシュ通知やLINEでもパーソナライズを実現できる点が評価されました。

2.スモールスタートでクイックに開始し、その後の事業フェーズに応じて利用拡大できる発展性
一方で、「Probance」の導入時、「DIFFERENCE」はブランド立ち上げから間もなかったため会員規模もまだ大きくはありませんでした。そのため小さい会員規模から、マーケティングチャネルも限定してスモールでクイックスタートするにあたり、事業成長とともに機能やチャネルを拡張できるMAツールの発展性が決め手となりました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/143066/img_143066_3.jpg
●本事例に関するより詳細なインタビュー記事は、以下URLよりご覧ください。
URL:https://boxil.jp/mag/a3096/
(※「ボクシルマガジン」のウェブサイトに遷移します。)

■ご参考情報
●「Probance(プロバンス)」について http://www.probance.jp/
「Probance」は、機械学習を搭載し、Predictive Communication(顧客ニーズを予測するコミュニケーション)を実現するBtoC向けマーケティングオートメーション(MA)プラットフォームです。顧客属性や取引データ、行動データなど、BtoC企業が保有する膨大で多様なデータを安全かつ高速に処理し、機械学習アルゴリズムを用いて、個客一人ひとりの趣味・嗜好に基づいたレコメンド施策を実行します。さらに、オンライン・オフラインを統合したクロスチャネルマーケティングで、真のOne to Oneコミュニケーションを実現します。

●株式会社コナカについて http://www.konaka.co.jp/
本社所在地:神奈川県横浜市戸塚区品濃町517番地2
設立:1973年11月
代表者:代表取締役社長 湖中 謙介
資本金:53億5百万円
事業内容:紳士服およびその関連洋品を主に取り扱う紳士服専門チェーン

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2017年9月30日現在)
従業員数:222名(連結、2017年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

■お問い合わせ先
●製品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブレインパッド
デジタルソリューション統括部 営業部
TEL:03-6721-7002
お問い合わせフォーム:https://go.pardot.com/l/391552/2017-08-18/6gqfjs

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発売日現在の情報です。

以上

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す