マセラティ新型車、成田空港貨物地区で公開=イタリア直送、28台到着 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » マセラティ新型車、成田空港貨物地区で公開=イタリア直送、28台到着 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



再生回数:274回

2017年10月13日
 マセラティジャパンは12日、イタリア・ミラノからチャーター機で成田空港に直送した新型車を空港貨物ターミナル地区内の整備工場内で公開した。到着したのは、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」とオープン車「グランカブリオ」の2車種で計28台。会場は制限区域内にあり、通常は関係者のみ入ることができるエリアとなっているが、今回は特別に、マセラティオーナーや購入予定者らが訪れ、日本初披露を楽しんだ。
 エンジンは両車ともに4.7リッターV8エンジンを搭載。最高出力460馬力、最大トルク520Nmを発揮する。それぞれベースモデルの「SPORT」と上級グレードの「MC」が設定され、価格はグラントゥーリズモが1890万円(消費税込み)から、グランカブリオが2000万円からとなっている。【時事通信映像センター撮影】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す