イワキの第3四半期は、前期あった化学品事業の3億79百万円の赤字が黒字転換し、増収大幅増益 – 財経新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » イワキの第3四半期は、前期あった化学品事業の3億79百万円の赤字が黒字転換し、増収大幅増益 – 財経新聞
02組織・コーポレートガバナンス, 連結経営 コメントはまだありません



■プリント配線板向け新製品は新規採用が進む、半導体関連薬品の販売も堅調に推移


 イワキ<8095>(東1)の今期第3四半期は、医薬・FC事業の大幅増益に加え、前期あった化学品事業の3億79百万円の赤字が黒字転換したこともあって増収大幅増益となった

 17年11月期第3四半期連結業績は、売上高422億18百万円(前年同期比3.7%増)、営業利益11億85百万円(同85.5%増)、経常利益13億22百万円(同95.7%増)、純利益8億46百万円(同194.8%増)であった。

 事業別の業績を見ると、医薬・FC事業の売上高は160億7百万円(前年同期比1.7%増)、営業利益は11億60百万円(同20.8%増)。

 HBC事業の売上高は172億90百万円(同5.1%増)と増収となったものの、広告宣伝に伴う費用の増加から営業利益は△06百万円(前年同期23百万円)となった。

 化学品事業については、プリント配線板向け新製品は新規採用が進み売上拡大に寄与し始めている。また、電子分野では海外を中心に受動部品向け薬品の需要が拡大し、半導体関連薬品の販売も堅調に推移したことから、全体としては好調に推移した。売上高は44億41百万円(同13.9%増)、営業利益は11百万円(前年同期△3億79百万円)と黒字転換となった。

 食品事業は、新規受注の獲得、健康志向食品向け原料及び関連会社製品の伸長により売上は好調に推移したが、営業利益は低調であった。その結果、売上高は29億91百万円(同6.3%増)、営業利益△07百万円(前年同期△06百万円)となった。

 通期業績予想は前回予想を据え置いている。

 ちなみに、今期17年11月期連結業績予想は、売上高570億円(前期比3.4%増)、営業利益15億円(同53.5%増)、経常利益16億50百万円(同54.0%増)、純利益9億円(前期08百万円)と増収大幅増益を見込む。

 第3四半期業績を見ると、売上の伸びに対し、利益面での伸び率が大きくなっていることから、新社長のもと、効率的な経営が進んでいるものと思われる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)

【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)

【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)

【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す