地の利生かした20歳の今野=日本オープンゴルフ – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 地の利生かした20歳の今野=日本オープンゴルフ – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



1番でティーショットを放つ今野大喜=12日、岐阜関CC東

 地元岐阜県出身のアマチュア、20歳の今野が3打差の5位と大健闘。「イーブンとか1アンダーで十分と思っていた。上出来」と喜んだ。
 インからのスタート。この日バーディーが4人という10番で、いきなり伸ばして流れをつかんだ。491ヤードと長いパー4で、通常の設定はパー5。残り197ヤードの第2打は、ピン奥2メートルに付けるプロ顔負けの一打だった。
 12歳からゴルフを始め、伯父はツアー7勝の今野康晴。今回のコースはジュニア時代から親しんでおり、地の利を生かした。埼玉で開催された昨年は、34位でアマチュア2番手。「ローアマは取りたい。しぶとく、できることに集中したい」と誓っていた。(2017/10/12-19:00) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す