関電、送配電のみ分社化へ支社を統合、拠点集約 – 京都新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 関電、送配電のみ分社化へ支社を統合、拠点集約 – 京都新聞
02組織・コーポレートガバナンス, 持株会社 コメントはまだありません



 「発送電分離」の形式
 「発送電分離」の形式

 2020年の「発送電分離」を踏まえ、関西電力が検討する組織改正案の全容が15日分かった。東京電力ホールディングス(HD)のような持ち株会社制にはせず、送配電部門のみを分社化し、発電や販売部門は本体に残す。経営合理化に向け、大阪府と兵庫県にそれぞれ二つある支社を統合するほか、営業拠点の集約も検討する。

 一体的に営業戦略を策定できる体制を強化するとともに、合理化でコスト削減を進め、関西での大阪ガスなどとの競争激化に備える狙い。

 18年6月をめどに分社化を先取りする形で組織改正を行う。

【 2017年09月15日 18時15分 】

ニュース写真

  •  「発送電分離」の形式

京都新聞デジタル版のご案内

地域の経済ニュース

全国の経済ニュース


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す