車検切れ、瞬時に取り締まり=自動検出装置を公開-国交省 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 車検切れ、瞬時に取り締まり=自動検出装置を公開-国交省 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



カメラでナンバーを読み取り、車検切れの車両を取り締まる装置=15日午前、国土交通省

 国土交通省は15日、車検切れの走行車両を自動的に把握し、待ち構えた警察官が瞬時に取り締まる実証実験の開始に先駆け、該当車両を検出する装置を公開した。9月末から年末にかけて実験を行った上で、2018年度から全国展開する。
 国交省の駐車場に装置を設置。車検切れの模擬車両が横を通過した途端、画面に「HIT」(該当)の文字と車両のナンバーが表示された。装置のカメラで読み取ったナンバーを同省の車検データベースに照会し、違反車両を検出する仕組みだ。
 取り締まりでは警察官が装置の先で待機し、車検切れ車両を把握。運転手は道路交通法違反による免許停止や、道路運送車両法違反などによる罰金の対象となる。(2017/09/15-11:41)

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す