C&R社、3Qは売上高1%増、営業益10%増と増収増益を確保 孫会社の持分法会社異動が影響 一体型VRゴーグルの法人レンタルサービスも開始 – SocialGameInfo

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » C&R社、3Qは売上高1%増、営業益10%増と増収増益を確保 孫会社の持分法会社異動が影響 一体型VRゴーグルの法人レンタルサービスも開始 – SocialGameInfo
02組織・コーポレートガバナンス, 持分法適用会社 コメントはまだありません



クリーク&リバー社は、1月12日、2018年2月期の第3四半期累計(3~11月)の連結決算を発表、売上高202億円(前年同期比1.4%増)、営業利益14億円(同10.2%増)、経常利益14億円(同18.2%増)、四半期純利益8億円(同21.3%増)となった。
 


孫会社CREEK & RIVER ENTERTAINMENTが連結子会社から持分法適用関連会社に異動したことにより、クリエイティブ分野(韓国)の売上高がマイナス要因となったものの、クリエイティブ分野(日本)と医療分野が好調に推移し、前年同期を上回った。

ゲーム分野を見てみると、制作スタジオにおいて、制作受託案件や海外と連携した共同開発、IPを活用した自社開発への取り組みを強化した。制作スタジオでは、受託案件の制作のみならず、コンシューマー、アミューズメント、ソーシャル分野のクリエイターの採用・育成を行い、クライアントの人材需要の増加に着実に対応している。

また、VRへの取り組みについては、2017年11月より、一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツー プラス)」を法人向けにレンタルするサービス「アイデアレンズビジネスVRレンタル」を開始した。本サービスでは、VRゴーグルを貸し出すだけでなく、使用目的に応じたプランの策定を行い、VRゴーグルの必要台数の試算やコンテンツの提供、サポートスタッフ(技術者)派遣も一括で対応している。

なお、2018年2月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高265億円(前期比0.3%増)、営業利益18億円(同11.8%増)、経常利益17億5000万円(同18.4%増)、最終利益10億円(同12.0%増)の見込み。

 




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す