葛西、カズから刺激=W杯ジャンプ男子 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 葛西、カズから刺激=W杯ジャンプ男子 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



平昌五輪代表入りが決まり、ポーズを取る(左から)葛西紀明、小林潤志郎、竹内択、小林陵侑=12日、オーストリア・バートミッテルンドルフ

 葛西にとって、4年前には優勝も飾っている相性のいいジャンプ台。しかし、今季の課題である助走のスピードが出ず、K点より手前の195メートルと伸び悩んだ。
 予選順位は26位といまひとつながら、前日、平昌五輪の代表に入ったことでほっとしている。今季はなかなか調子が上がらないため「プレッシャーもあったし、焦ってもいた」と胸中を明かした。冬季五輪では史上単独最多となる8度目の出場に向け、「(目標は)金メダルだけど、今の状態だと取れない。もう少し調子を上げないと」と気を引き締めた。
 サッカーのJ2で50歳の三浦知良が横浜Cとの契約を更新したことも励みになっており、45歳の葛西は「カズさんがやってくれたら僕も、もっと続けたい気持ちになる」と話していた。(バートミッテルンドルフ時事)(2018/01/12-23:07)

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す