水連、2月の強化合宿中止=代表選手の暴力問題で – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 水連、2月の強化合宿中止=代表選手の暴力問題で – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 競泳男子平泳ぎの小関也朱篤(ミキハウス)が代表合宿中に後輩選手に暴力を振るった問題を受け、日本水泳連盟が2月に予定していたグアムでの強化合宿を中止したことが12日、分かった。
 水連はトップ選手を対象とした合宿を定期的に実施している。今回の問題は海外での合宿中に起きたことから、関係者は「強化体制の在り方を考えなければいけない」と話した。 
 小関は昨年末のスペイン合宿で、炊事当番に遅れてきた同じ所属先の選手に顔をたたくなどの暴力を振るい、ミキハウスから対外試合の出場自粛などの処分を受けた。(2018/01/12-23:50)

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す