羽生善治「永世七冠」決め手は「捨てる」 フォーサイト-新潮社ニュースマガジン – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 羽生善治「永世七冠」決め手は「捨てる」 フォーサイト-新潮社ニュースマガジン – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



村上 政俊

 すべてを持つ男になった。12月5日、「竜王」を奪回し、「永世七冠」を達成した羽生善治(47)だ。創設されたばかりの「叡王」を除く全7タイトル戦の永世称号を手に入れた羽生は、いわば「七全達人」(清朝最盛期を築いた乾隆帝が、10回の遠征にすべて勝利したとして自讃自称した「十全老人」に掛けて)という、将棋界の生ける伝説となった。

 しかし、永世称号を全て手中にしたという快挙の表面だけを追うと、羽生の強さの真髄を見落とす。羽生の凄味は「捨てる」ことができるところにある。絶対王者でありながら、自分が手にする冠を捨て、現状維持ではなく脱皮を続けようとするからこそ、活路を開き続けているのだ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す