今年度補正、2.7兆円台=待機児童解消、防災など-建設国債1.2兆円・政府 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 今年度補正、2.7兆円台=待機児童解消、防災など-建設国債1.2兆円・政府 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 政府・与党は6日、2017年度補正予算額を2兆7000億円台とする方向で最終調整に入った。安倍政権の「人づくり革命」実現に向けた待機児童解消のための保育所整備費用に加え、自然災害からの復旧・防災対策費、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の大枠合意を受けた農業対策費などを盛り込む。
 財源として、16年度の国の剰余金、低金利に伴う国債の利払い費軽減分など1兆2000億円に加え、建設国債を1兆2000億円追加発行する。22日に18年度予算案と同時に閣議決定し、年明けの通常国会に提出する。(2017/12/06-21:58) 関連ニュース

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す