欧州版IMFを提案=ユーロ圏統合を強化 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 欧州版IMFを提案=ユーロ圏統合を強化 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は6日、ユーロ圏の債務危機対策の基金である欧州安定機構(ESM)の権限を強化し、「欧州通貨基金(EMF)」に改組することを提案した。欧州版の国際通貨基金(IMF)ともいえるEMF設立は、通貨統合を深化させるEU改革の一環。2019年半ばまでの決定を目指す。
 ユンケル欧州委員長は、比較的堅調なユーロ圏景気を引き合いに「屋根を修理するには日が差している時が最善だ」と改革の必要性を強調した。
 加盟国はESMを発展させEMFを設立すること自体にはおおむね賛成しているが、政府間組織の色彩が濃いESMを改組することで自国の影響力が弱まることを警戒している。今後の加盟国との協議は紆余(うよ)曲折も予想される。(2017/12/06-22:20) 関連ニュース

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す