日馬富士、傷害容疑で立件も=暴行問題で鳥取県警-角界、過去に逮捕者 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 日馬富士、傷害容疑で立件も=暴行問題で鳥取県警-角界、過去に逮捕者 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



暴行問題を受け、貴乃花部屋宿舎を訪れたが謝罪できずに険しい表情で引き揚げる日馬富士(左)。右は師匠の伊勢ケ浜親方=14日、福岡県田川市

 大相撲の横綱日馬富士(33)による暴行問題で、被害届が鳥取県警に出され、同県警は14日までに事実関係を確認するために捜査を始めた。診断書では頭の骨を折るなどしており、故意に暴力を振るい、けがをさせたなら傷害事件として立件される可能性もある。

「品格欠ける」「引退して当然」=日馬富士暴行にファン憤り-福岡

 関係者によると、日馬富士は10月下旬、鳥取市での秋巡業中、酒席で口論となり、同じモンゴル人力士の貴ノ岩に暴力を振るったとされる。貴ノ岩は日本相撲協会に「右中頭蓋底骨折などで全治2週間」との診断書を提出した。
 貴ノ岩側が被害届を県警に10月下旬に提出したとされる。県警は被害届について「個別の事案についてはお答えできない」としている。
 警察当局者は「暴力は許されない。被害者、加害者双方から聴取し、事実関係を確認した上で、所要の捜査を進めていくことになるだろう」と話した。
 角界をめぐる暴力事件では2007年6月、時津風部屋の力士=当時(17)=が、当時の時津風親方(元小結双津竜)らからビール瓶で殴られるなどし、死亡。元親方と兄弟子3人が傷害致死容疑で愛知県警に逮捕され、元親方は実刑判決、兄弟子は有罪判決を受けた。
 10年に横綱朝青龍が知人男性の顔を殴ったことが発覚し、現役を引退した。
 15年には、男性マネジャーの腰や尻を金属バットで殴打するなどし、打撲などのけがをさせたとして、当時の宮城野部屋の熊ケ谷親方(元十両金親)が傷害容疑で警視庁に逮捕された。有罪判決を受けた。 (2017/11/14-20:53) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す