公明「知事与党」離脱=小池都政に影響-都議会 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 公明「知事与党」離脱=小池都政に影響-都議会 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 東京都議会公明党の東村邦浩幹事長は14日、小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」との協力関係を解消し、小池氏を支持する「知事与党」から離脱する意向を明らかにした。東村氏は都庁内で取材に対し「都民ファーストとは一線を画し是々非々でやる。(関係を)ニュートラルに戻す」と答えた。
 都議会の定数127のうち、都民ファーストの議席数は53で、単独では過半数の64に届かない。23議席を有する公明党の知事与党離脱は、小池氏の今後の都政運営に影響を及ぼしそうだ。(2017/11/14-21:43) 関連ニュース

【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す