大塚HDの1~9月期、純利益32%減 減損や主力薬の販売減で – 日本経済新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 大塚HDの1~9月期、純利益32%減 減損や主力薬の販売減で – 日本経済新聞
02組織・コーポレートガバナンス, 連結経営 コメントはまだありません



 大塚ホールディングスが14日発表した2017年1~9月期の連結純利益(国際会計基準)は前年同期比32%減の730億円だった。急性片頭痛の治療薬「スマトリプタン」にかかわる無形資産の減損損失230億円を計上したことなどが響いた。主力製品である抗精神病薬「エビリファイ」も特許切れに伴う後発薬の影響を受けて売上が減少した。営業利益は26%減の948億円、売上高は3%増の9190億円だった。

 2017年12月期の通期業績予想は従来予想を据え置いた。

 併せて、医療機器事業を本体から会社分割し、完全子会社の大塚メディカルデバイスに事業を承継することを決議したと発表した。これまで米医療機器企業の事業に出資して同事業を手掛けてきたが、グループで経営資源配分を最適化し事業基盤を強化することにしたという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す