台湾閣僚、「門前払い」=独で開催のCOP23サミット – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 台湾閣僚、「門前払い」=独で開催のCOP23サミット – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 【台北時事】台湾の環境担当閣僚が、ドイツのボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)の気候サミットに出席しようとしたところ、門前払いされていたことが13日、分かった。台湾外交部(外務省)は同日、中国の圧力とする見解を示した。
 同部によると、台湾の代表団を率いた李応元環境保護署長(環境相)が現地時間12日に開催された同サミットにオブザーバーとして出席しようとしたところ、会場入りを拒否されたという。それ以外の台湾の関連省庁やNGO関係者らは出席を許された。
 国連加盟国でない台湾は、同条約へのオブザーバー参加を目指しているが、中国の反対で実現していない。中国外務省報道官は13日の記者会見で、李署長が同サミットへの出席を拒否されたことについて、「台湾が国際活動に参画する場合は『一つの中国』原則に合致していなければならない」と述べ、事実関係をおおむね認めた。(2017/11/13-21:44) 関連ニュース

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す