被害者携帯「壊した」=殺害後、発覚恐れ-アパート9遺体・警視庁 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 被害者携帯「壊した」=殺害後、発覚恐れ-アパート9遺体・警視庁 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、一部の被害者の携帯電話について、殺害後に電源を落としたり壊したりしたと話していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁高尾署捜査本部は、携帯電話が発する微弱な電波などから、被害者が同容疑者宅にいることが発覚するのを恐れたとみて、裏付け捜査を進めている。
 捜査関係者などによると、被害者のうち福島市の高校3年の女子生徒(17)と、さいたま市の高2の女子生徒(17)はそれぞれ、9月28日と同30日に白石容疑者宅近くで携帯電話の位置情報が途絶えていた。同容疑者は調べに対し、携帯を壊すなどしたことについて「足が付くと思った」と供述しているという。
 白石容疑者は逮捕当初、被害者の所持品は現金を除き全て廃棄したと話していた。しかし、捜査本部が調べたところ、被害者5人のカード類などとともに、携帯電話が2台見つかった。(2017/11/13-22:23) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す