地盤情報/BIM・CIMを連携/応用地質 既存技術活用で成果 – 日刊建設通信新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 地盤情報/BIM・CIMを連携/応用地質 既存技術活用で成果 – 日刊建設通信新聞
01経営戦略・事業戦略, 見える化 コメントはまだありません



3次元化のイメージ

 応用地質は、地盤情報のBIM・CIM連携に向けた技術開発を加速している。長年培ってきた地盤探査技術などを3次元化することで、定量・客観的データに基づく3次元地盤情報を作成し、プロジェクトの計画、設計、施工、維持管理のBIM・CIM活用につなげるのが狙いだ。急崖岩塊斜面の3次元化に導入するなど具体的な成果を出し始めている。今後、クラウドやAI(人工知能)なども導入し、業務効率化につなげる方針だ。
 BIM・CIM活用において、手薄となっていた地盤情報の3次元化に対応した。測定技術、解析技術、地盤物性解釈など地盤調査に必要な一連の3次元システムや機器を自社グループで開発・確立するとともに、作成した3次元地盤モデルを設計や施工に受け渡し、施工計画の作成や安全確保などに活用してもらう考えだ。
 これまでの地盤や斜面の調査、設計、維持管理に関する経験や情報量と、自社グループ内の機器開発力を連動させることで、複雑かつ精緻な3次元地盤モデルの作成を可能にしている。
 具体的には、地盤情報を3次元で可視化する地質解析システム『GEO-CRE』を開発した。地形データ、地質踏査データなどを“見える化”し、BIM・CIMに生かす3次元地盤モデルを構築する。地盤リスク情報ビューア『OCTAS』は、GEO-CREで作成した3次元モデルを取り込み、さまざまな地盤情報やUAV(無人航空機)の詳細地形データを重ねたり、自由な位置で地質断面を作成して出力するなどオプションを順次開発していく。
 “斜面CIM”として物性の3次元分布を定量的・客観的に把握する物理探査法と3次元斜面安定解析手法の一体的な開発も急ピッチで進めている。
 長野県内のトンネル工事では、トンネル上部に位置する急崖岩塊斜面の3次元モデル化、3次元亀裂解析を行い岩塊掘削時の崩壊リスクの低減に活用した。摩擦の発生地点や地滑りリスクなどを把握することで落石対策工事や斜面の安全管理に活用し、業務効率化に貢献している。
 12、13の両日に東京都千代田区の秋葉原UDXで開催している 「OYOフェア2017」 で詳細を紹介している。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す