INDETAILと北海道科学大学が産学連携 ソーシャルゲーム運営データの分析活用技術の共同研究と人材育成を開始 – ValuePress! (プレスリリース)

Home » 01経営戦略・事業戦略 » INDETAILと北海道科学大学が産学連携 ソーシャルゲーム運営データの分析活用技術の共同研究と人材育成を開始 – ValuePress! (プレスリリース)
01経営戦略・事業戦略, 企業理念/行動規範/ビジョン コメントはまだありません



株式会社INDETAIL(本社:北海道札幌市、代表取締役:坪井 大輔、以下 INDETAIL)は、学校法人北海道科学大学(札幌市手稲区、以下 北海道科学大学)教授 三田村保氏と共同研究を開始し、ソーシャルゲーム運営に関わるビッグデータの分析と活用による新事業を推進することになりました。また、2017年9月1日より弊社代表取締役の坪井大輔が北海道科学大学の客員教授に就任いたしました。今後は、ITにおけるデータ活用の可能性および人材育成を通じて、北海道経済の発展にさらに貢献して参ります。

<背景>

1.理念・ビジョンの合致による地域経済発展への貢献

北海道科学大学は、1967年に北海道工業大学として産業界の発展と地域社会の活性化に寄与することを目的に創立され、札幌市に本部を置く私立大学です。3つの基本理念として『「科学的市民」(※1)の育成』・『時代の要請に即したプロフェッショナル教育』・『地域社会への貢献』を掲げ、多様化する実社会のニーズに応える3学部12学科を設置し、工学・医療・社会科学の各分野で活躍できる人材を輩出しています。

INDETAILは「ニアショア2.0」(※2)のリーディングカンパニーとして、兼ねてより、北海道経済の活性化を目指すことによる地域社会への貢献をビジョンとして掲げ、ブロックチェーンなど先進技術を活用できる人材の育成にも力を入れていることから、同大学の基本理念と目指す方向性が近しく、協働によりさらなるシナジーを生み出すことができると考え、この度産学連携の取り組みを開始することにいたしました。

北海道科学大学の卒業生でもある弊社代表取締役の坪井は今後、講義等の機会を通じ、地元のITベンチャー経営者としてのこれまでの経験や知見を若い世代へとつなげ、地域経済の発展に貢献する「科学的市民」の育成を支援して参ります。

2.INDETAILの保持するビッグデータと北海道科学大学の知見の融合

弊社のゲーム運営に関して得られた膨大な実データと北海道科学大学で保有している知見を掛け合わせ、ソーシャルゲーム運営におけるさらなるデータ活用推進および新たな事業創出に向けた共同研究を開始し、先進技術を活用した社会価値創造をすすめて参ります。

背景として、INDETAILでは主要事業の一つとしてソーシャルゲームの運営を行っており、ユーザー行動およびゲーム動作に関して生じるさまざまな項目かつ膨大なデータを活用した独自の分析を基に、ユーザー様の満足度を高めるための効果的な施策を企画し、開発/実施を行っております。

一方、北海道科学大学の三田村教授は人間が問題となる対象をどのように評価し、戦略を考え行動するかという数理的なモデルについて研究を取り組んでおられ、データ分析に関する豊富な知見をお持ちです。

これらの材料を基に、日本政府が推進する「Society5.0(超スマート社会)」(※3)プラットフォーム構想のひとつである、AIやビッグデータ解析技術等の基盤技術の強化を目指し、弊社で保有するデータと分析手法に、三田村教授の知見を掛け合わせることで、ゲームサービス事業のさらなる加速につなげたいと考えております。また共同研究によって得られた成果を同大学の学生および、地域へ還元することが、地方経済の発展の大きな一歩になると確信し、今後の可能性を模索して参ります。

(※1)科学的市民とは「豊かな人間性とともに、基盤能力と専門性を併せ持ち、専門職としての役割を主体的に果たせる人材」を指します。

(※2)「ニアショア2.0」はINDETAILが提言するこれからの地方ITベンチャーの新しいビジネスのカタチです。INDETAILでは「ニアショア」の特長であるコスト優位に加えて先進性の高い技術とノウハウを活用し、IT領域における各分野の専門人材が、戦略立案から開発や運用までトータルでサポートすることでお客様の課題解決、および新たな価値創造を実現しています。

(※3)「Society 5.0(超スマート社会)」は政府の総合科学技術・イノベーション会議で検討され、2016年1月に閣議決定された2016年度から5年間の科学技術政策の基本指針「第5期科学技術基本計画」の中で定義されており、「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会のさまざまなニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といったさまざまな違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会」を指しています。

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社INDETAIL 社長室

TEL:011-206-9235

E-mail:info@indetail.co.jp

北海道科学大学 教育研究推進課

TEL:011-688-2241

E-mail:kenkyu@hus.ac.jp


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す