南海トラフ巨大地震を想定した「総合防災訓練」の実施について:時事 … – 時事通信

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 南海トラフ巨大地震を想定した「総合防災訓練」の実施について:時事 … – 時事通信
01経営戦略・事業戦略, BCP コメントはまだありません



[出光興産株式会社]

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡隆、以下当社)は南海トラフ巨大地震発生時の対応力強化のため、9月6日に「総合防災訓練」を実施しましたので、お知らせいたします。

対策本部
    プレスリリースURL:http://ww2.idemitsu.co.jp/company/news/2017/170907.html

リリース内容

 当社は大地震等の災害が発生した場合においても、エネルギーの安定供給に努めて、被災者の救援および被災地の早期復興に貢献するため、首都直下地震および南海トラフ巨大地震を想定した事業継続計画(BCP)を策定しております。本BCPの実効性を高めるため「総合防災訓練」を2007年から始め、今回で11回目の開催となります。
 今回の訓練は南海トラフ巨大地震を想定して、(1)従業員の安否確認連絡の習熟、(2)発災から対策本部設置までの初動訓練と確認、(3)BCPの実効性確認を目的に実施いたしました。
 参加者にはシナリオを事前に開示せずに、本番さながらの緊張感の中、BCPに基づいて関係部署が協働して、石油製品、石油化学製品の安定供給の確保、復旧に向けた課題に取り組みました。
 今回の訓練で確認された各事業所との連携や課題を今後のBCPの改定に反映していきます。
 今後も当訓練を継続的に実施して、実践的な災害対応力の強化に努めて、安定供給と社会貢献に取り組んでまいります。
対策打ち合わせ
対策本部

【訓練内容】

実施日時    2017年9月6日(水) 14:00~17:00
本部設置場所  出光興産(株) JPタワー オフィス
参加者    (1)月岡社長、他本社役員 8名
       (2)対策本部事務局員および各対策班員 143名
       (3)愛知製油所・名古屋オフィス・各油槽所他 21名
       (4)資源エネルギー庁などオブザーバー 9名
          参加者合計 181名
実施目的   (1)従業員の安否確認連絡習熟
       (2)発災から対策本部設置までの初動訓練と確認
       (3)BCPの実効性の確認
訓練内容   (1)当日14時に南海トラフ巨大地震が発生したと想定し、本社対策本部を設置した。
       (2)各対策班が南海トラフ巨大地震版のBCPに則り、地震に伴う被害情報等の収集・選別・
          共有化を行った。
       (3)シミュレーション訓練は1.地震発生直後および2.地震発生後1週間経過後の2つの
          ケースに分けて実施し、被害状況を共有化しながら、各対策班の復旧方針を明確に打ち
          出した。
月岡社長講評

企業プレスリリース詳細へ (2017/09/07-15:19)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す