デジタルガレージ、福岡市、福岡地域戦略推進協議会、ヘルスケア … – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 01経営戦略・事業戦略 » デジタルガレージ、福岡市、福岡地域戦略推進協議会、ヘルスケア … – PR TIMES (プレスリリース)
01経営戦略・事業戦略, 社会的企業 コメントはまだありません



 株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社⻑執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)、福岡市、福岡地域戦略推進協議会(会⻑:麻生 泰、以下:FDC)の3者は、ヘルスケアイベント「2025年の健寿社会モデルとは」を、2018年1月29日(月)に開催します。本イベントは、2017年10月に開催したフィンテックイベント「福岡発フィンテックの現在、未来」に続く、第2回目の共同主催イベントです。

 福岡市は、人生100年時代の到来を見据えて、一人ひとりが心身ともに健康で “自分らしく”生きていける持続可能な社会システム、すなわち「個人」と「社会」双方が幸せになれる “健寿社会”の実現に向けたプロジェクト『福岡100』を2017年7月に打ち出しました。健康・医療・介護だけでなく住まいや地域づくり、働き方なども含めて、広い意味での“まちづくり”に、市⺠、医療・介護関係者、大学や⺠間企業が「オール福岡」として一丸となり、2025年までに100のアクションを推進するものです。本イベントでは『福岡100』プロジェクトの一環として、心身ともに健康で「⻑寿を心から喜べる未来」を創るために今取るべきアクションは何か、ICTやIoTの技術革新がどう活用されうるかなどを議論します。未来の健寿社会モデルの構築に取り組む行政担当者、医療関係者、ヘルスケア事業関係者等を招き、様々な視点から今後のヘルスケアのあるべき姿を探る機会とします。

 DGは、福岡地域におけるアントレプレナーシップの啓蒙活動、スタートアップ企業の経営支援、投資を通じて雇用創出や地域経済の発展に貢献する目的で2017年9月にFDCと協定を締結しました。本イベントを通じて、ヘルスケア関連事業の社会的意義や、ICTやIoTなどの技術革新による産業構造変革を啓発し、福岡地域でのヘルスケア業界における起業の促進やエコシステム構築に貢献していきます。DGは本イベント以外にもあらゆる観点での連携を福岡市、FDCと探り、福岡市における起業文化の醸成を目指します。

■ 開催概要

日時 :2018年1月29日(月)18時 -20時

会場 :Fukuoka Growth Next

    福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号

主催 :福岡市、福岡地域戦略推進協議会、株式会社デジタルガレージ

定員 :100名

参加費:無料

登壇者(抜粋):福岡市 保健福祉局 政策推進部⻑ 中村 卓也 氏

        福岡市医師会 常任理事 庄司 哲也 氏

        株式会社ウェルビー 代表取締役 比木 武 氏

        株式会社インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役会⻑ 武藤 真祐 氏

イベント詳細・参加申し込み:下記サイトよりお申し込みください。
https://peatix.com/event/336431/ 

■ 問い合わせ先

<イベントに関すること>

株式会社デジタルガレージ

広報担当:池元、河野 TEL:03-6367-1101 Email:dg4819.pr@garage.co.jp

<「福岡 100」プロジェクトに関すること>

福岡市保健福祉局健康先進都市推進担当

担当:中尾、仲野 TEL:092-711-4543(内線2056) FAX:092-733-5587

<FDC に関すること>

福岡地域戦略推進協議会

担当:豊島、後藤 TEL:092-733-5682 Email:info@fukuoka-dc.jpn.com 




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す