男を見る目がないのなら、自分の目で見てはいけなかった【トイアンナのしくじり恋愛】 – BIGLOBEニュース

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 男を見る目がないのなら、自分の目で見てはいけなかった【トイアンナのしくじり恋愛】 – BIGLOBEニュース
01経営戦略・事業戦略, PDCAサイクル コメントはまだありません



こんにちは、トイアンナです。恋愛コラムを書いておきながらなんですが、私には男を見る目がありません。そしてそれに気づくまで5人と付き合っていました。

■初彼からして、何かがおかしかった。気づくべきであった。

初彼を思い起こせばゲームセンター。それまで「不良が多くて怖いから行きたくない」とかたくなにゲーセンを避けてきた私。なお、私が住んでいた田舎において、ゲームセンターは本当に治安が悪かった。今は漫画でも見られない古き良きカツアゲなんて文化も、まだ残っていたのです。

そこへ突き進んでいく彼。いや、男連れにカツアゲしてくる不良は現実世界で確かにそういませんが、にしても怖い。キョロキョロする私を尻目に、彼はゲームを始めました。10分、20分。寂れた田舎で数少ない娯楽の殿堂、ゲームセンター。そこは混雑し、プレイしない人間に座る場所などございません。足が痛くなってきました。そして2時間。彼はこちらを見て言いました。

「さあ、帰ろうか」

今の私なら10分で「んじゃ、カフェで私は待ってますんで」と去っていくか帰るかするものですが、初めての彼なのでこれが普通だと思ってしまった。気づけば定番のデートコースは彼のゲームを延々立って見続けるモブ客の様相を呈していました。

■初彼だからしょうがない? いいえデータはそう申しませぬ

これだけなら初デート同士、おちゃめな失敗です。「私はあなたのゲームを見ていても楽しくないし、何か別のことしたい」と話し合いができれば何の問題もありません。しかし彼はその後、「俺は有名音ゲーの作曲家だ」と名乗ります。そして某有名音ゲーの作曲家が出している曲目は、私にささげる曲なのだと・・・・・・。

ちなみに。その作曲家、インタビューをどう読んでも当時アラフォーです。当時の彼は20代で、話している内容に世代ギャップがありすぎる・・・・・・。「さすがにウソだ」と気づいたのは、彼が音信不通になった後でした。一瞬でも信じてしまった私って・・・・・・ほんとうにピュア、いやバカ・・・・・・。

これも初彼だからしょうがない? いいえデータはそう言わない。

リクルートブライダル総研によれば、結婚までの平均交際人数は4.5人。つまりPDCAサイクルを回せる回数はラスト彼=夫までの3回しかないんです。き、貴重な3回のうち1回を学ばない恋愛に使ってしまうなんて、オーマイガ。

■やめようPDCA。頼ろう友達の絆

そう、男を見る目がないという絶望的な事実にさっさと向き合ってよけばよかった。30代に突入した人間からの遺言です。あなたが、もし初物でダメな男と付き合ったなら。PDCAを自分だけで回せると思ってはいけません。やめようPDCA、作ろう友達の輪。自分の目が信頼できないなら、友人または第三者に頼るべきです。

この手のタイプは、アプリで婚活をしてはなりません。自分で「選ぶ」時点でふるいにかける対象がゆがむからです。仲人さんがテキパキ仕事をしてくれるガチの結婚相談所とか、これまで成婚実績のある友人のツテをたどるべきだったのです。悲しいかな人には能力の限界があります。作ろう友達の輪(リフレイン)。今日はここで閉幕といたします。(トイアンナ/ライター)

参照:『結婚までに付き合った人数は?男性5.0人、女性4.5人。』

http://bridal-souken.net/research_news/2012/02/120201.html

【トイアンナのしくじり恋愛】次回は1月19日更新!

(ハウコレ編集部)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す