マーケティングオートメーション「Kairos3」にて、シナリオ機能を改良 … – 宮崎日日新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » マーケティングオートメーション「Kairos3」にて、シナリオ機能を改良 … – 宮崎日日新聞
01経営戦略・事業戦略, PDCAサイクル コメントはまだありません



マーケティングオートメーション「Kairos3」にて、シナリオ機能を改良

2018/01/10 09:30

カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、本日1月10日、マーケティングオートメーション「Kairos3」にて、シナリオ機能を改良しました。改良されたシナリオ機能では、操作性と視覚効果が大幅に改善され、作業の自動化による業務効率の改善と、顧客体験の向上が実現できるようになりました。

改善されたシナリオ機能は、当社が開催するマーケティングオートメーションセミナーにて、実際の画面をご紹介しながらご説明いたします。
マーケティングオートメーションセミナーのお申し込みはこちらから
https://www.kairosmarketing.net/seminar

これまでのシナリオ機能では、
・マウスで視覚性高く操作できないと複雑なシナリオ設定に時間がかかる
・分岐毎の流入結果がわかりにくく顧客体験の向上が難しい
という課題がありました。

この課題を解決するため、今回マーケティングオートメーション「Kairos3」のシナリオ機能改良では、「マウス操作で設定」「シナリオ全体を鳥瞰できるレポート」「展示会や自社セミナーなどのオフラインとの連携」する機能を追加しました。

【マーケティングオートメーション「Kairos3」のシナリオ機能の特徴】
●マウス操作を中心にした設定作業が可能
複雑なシナリオでも簡単に設計できるよう、マウス操作だけでシナリオを作成できるようにしました。ウィザードや選択式のシナリオ作成に比べ、設定がわかりやすくなっただけでなく、シナリオ設定にかかる時間を短縮しました。

●顧客体験を向上させるための視覚効果の高いレポート
作成したシナリオの各分岐に流入した見込み客数を一目で把握できるようにしました。シナリオ全体を理解しながら見込み客の流れが視覚的にわかるため、顧客体験の向上のためのPDCAサイクルを素早く実行できます。

●展示会やセミナーなどのオフラインの活用も可能
顧客体験の向上や営業案件の創出には、展示会やセミナーなどのオフラインの活動も欠かせません。シナリオ機能では、展示会来訪者やセミナー出席者・欠席者に対するフォローアップ、シナリオ後の架電リストの抽出の自動化を可能にし、業務効率を大幅に改善できます。

今回のシナリオ機能の改善によって、当社のミッションである「マーケティングをもっと身近なものにする」ことの実現に一歩近づくことができました。

【マーケティングオートメーション「Kairos3」について】
マーケティングオートメーション「Kairos3」は、フォーム作成、Webログ解析、メール配信、顧客管理など企業のマーケティング業務に必要な一連の機能を組み合わせたクラウド型のサービスです。顧客の購買行動プロセスに最適なマーケティング活動を展開することで、より多くの営業案件を効率よく見つけ出し、ビジネス機会創出の最大化と、ビジネス機会の損失の最小化により、他社との差別化を実現します。

マーケティングオートメーション「Kairos3」は初期費用1万円、月額利用金5,000円からご利用になれます。「Kairos3」の情報は、以下のURLからご覧になれます。
マーケティングオートメーション「Kairos3」 
https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation

【会社概要】
社名 :カイロスマーケティング株式会社
所在地 :東京都新宿区四谷3-1-4 斉藤ビル4F
代表者 :佐宗 大介
設立 :2012年9月
事業内容 :マーケティングオートメーション「Kairos3」の企画・開発・運営
URL :https://www.kairosmarketing.net/
https://blog.kairosmarketing.net/(ブログ)
 https://www.facebook.com/KairosMarketingInc (Facebook)

全国のニュース




こんな記事もよく読まれています





コメントを残す