地方創生で第三銀、損保ジャパンと連携 – 読売新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 地方創生で第三銀、損保ジャパンと連携 – 読売新聞
01経営戦略・事業戦略, BCP コメントはまだありません



 第三銀行と損害保険ジャパン日本興亜(東京)は4日、地方創生の包括的業務連携協定を結んだ。同行が地方創生に関して損害保険会社と協定を結ぶのは初めて。連携によって地域産業を支援し、地域を活性化させる狙いだ。

 県内企業や自治体の事業継続計画(BCP)推進、県内企業の海外進出支援、女性活躍支援などの分野で協力する。損保ジャパンは、三重県などとも地域産業支援で包括協定を結んでいる。

 同日、松阪市の同行本店で行われた協定の調印式で、損保ジャパン中部本部長の中村茂樹常務執行役員は「両者の強みを生かして地域の課題に対応したい」、同行の浅野章常務取締役は「産業振興などで手を携えていきたい」と述べた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す