【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ) – SankeiBiz

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ) – SankeiBiz
01経営戦略・事業戦略, ビジネスモデル コメントはまだありません



 国内勢、時代の変化かぎ分け必須

 11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の試乗会も実施された。

 GMのバーラ最高経営責任者(CEO)は、電気自動車(EV)「Bolt(ボルト)」をベースに開発中のレベル4の自動運転車を用いて、2019年に無人配車サービスをサンフランシスコで開始すると高らかに発表した。ビジネスの成否を占うには時期尚早だが、19年に開始するというメッセージは強いインパクトがある。

 9月には、独フランクフルト・モーターショーでフォルクスワーゲン(VW)がEV拡大を目指した「ロードマップE」を公表した。VWグループで30年に向けて200億ユーロ(約2兆7000億円)を電動車両に投資する。25年に150ギガワット時(米テスラのギガ・ファクトリー級工場が4個分)の電池を購買し、30年までに500億ユーロに上る過去最大の電池関連の購買政策を実施するという。

 自動車産業が過去に経験したことがない技術革新に直面していることは周知の事実であろう。技術はエレクトロニクス化され、自動車の付加価値の多くの領域がソフトウエア化されている。自動車はもはやデジタル製品となってきた。IT化、知能化、電動化の3つの技術革新が加わり、ビジネスモデルと価値の大変革期を迎えている。

戦略的な方向性は「CASE」に整理される




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す