東京五輪類似のドメイン=ネットで出品、偽サイトの恐れ-エンブレム使用容疑で男送検 – ニフティニュース

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 東京五輪類似のドメイン=ネットで出品、偽サイトの恐れ-エンブレム使用容疑で男送検 – ニフティニュース
01経営戦略・事業戦略, ドメイン コメントはまだありません



 2020年東京五輪パラリンピックの公式サイトを連想させるドメイン(インターネット上の住所)をネットオークションに出品し、画面の背景に大会エンブレム画像を無断で使用したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、著作権法違反容疑で、東京都足立区の会社役員の男(44)を書類送検した。「エンブレムを使用した方が他人の目に留まりやすいと思った」と容疑を認めているという。
 落札前に同課が発見したため流通はしていないが、こうしたドメインを使って東京五輪・パラリンピックの偽サイトを作り、チケット詐欺や個人情報の窃取に悪用される恐れがあることから、同課は出品した動機などを調べている。
 送検容疑は6月、オークションサイトに東京五輪の公式サイトと酷似したドメインを出品し、大会組織委員会の許可なく「組市松紋」や「TOKYO2020」の文字列が入ったエンブレム画像を掲載した疑い。
 同課によると、出品されたのは「2020tokyo-olympic.jp」「2020-tokyo-olympic.jp」「tokyo-olympic-2020.asia」の3種類。公式サイトの「tokyo2020.jp」と酷似していた。
 男は「需要があると思った」と供述。一つ当たり10万円で出品していた。 


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す