韓国政府が日本企業関係者と懇談会 対韓投資での協力策模索 – 朝鮮日報

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 韓国政府が日本企業関係者と懇談会 対韓投資での協力策模索 – 朝鮮日報
01経営戦略・事業戦略, バリューチェーン(価値連鎖) コメントはまだありません



【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は14日、ソウル市内で日本の企業関係者らとの懇談会を開き、日系企業の対韓国投資を持続させるための方策を模索した。

 同部の金栄三(キム・ヨンサム)貿易投資室長が主宰した懇談会には、韓国の先端素材やロボット、健康管理などの新産業に投資する日本企業や民間研究所、シンクタンクなどの関係者が出席した。

 懇談会では、回復しつつある日本からの投資を持続させるための方策を議論した。

 日本の対韓投資は2016年7~9月期に1億9000万ドル(約216億円)、10~12月期は3億6000万ドル、17年1~3月期は4億ドル、4~6月期は4億1000万ドル、7~9月期は8億7000万ドルと増加を続け、今年1~10月の累計投資額は前年同期比90.2%増加した。

 金室長は、第4次産業革命を含む産業パラダイムの転換の時代に両国の投資協力を発展させるには、互いの強みを組み合わせた新たなバリューチェーン(価値連鎖)を発掘しなければならないと強調した。

 また、第4次産業革命の中核が製造業のデジタル化にあるだけに、堅固な製造基盤を有する韓国と日本は互いに最も必要で強力な協力パートナーになれると述べた。

 出席者らは両国の投資協力が有望な分野として、先端新素材、エネルギー、健康管理、ロボットなどを挙げた。

 産業通商資源部は懇談会で取り上げられた韓日投資協力有望産業と事業モデルを基に、目標企業を選定して投資誘致に向け集中的に努力する計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す