クリエイターズマッチ、ビジュアル表示に特化した「AdFlow Library」を提供 – ニコニコニュース

Home » 01経営戦略・事業戦略 » クリエイターズマッチ、ビジュアル表示に特化した「AdFlow Library」を提供 – ニコニコニュース
01経営戦略・事業戦略, ナレッジ・マネジメント コメントはまだありません



画像提供:マイナビニュース

制作プロジェクト管理ツール「AdFlow」を提供するクリエイターズマッチは11月14日、AdFlowシリーズの最新作となる、ビジュアル表示に特化したオンラインストレージサービス「AdFlow Library」の提供を同日より開始したことを発表した。

「AdFlow Library」は、管理する各種ファイルを視覚的にスピーディーに確認することが可能なオンラインストレージサービス。視認性の高いファイルを数多く管理する必要がある制作会社や各企業の制作部署では、制作用素材・写真などの検索時間が短縮されると同時に、社内共有・ナレッジマネジメントの促進も期待できるとしている。

また、ストックフォトサービスとの連携によりオンラインストレージ上から写真素材を特別価格で購入することにも対応しており、制作プロジェクト管理ツール「AdFlow」とも連携可能なため、管理だけではない活用型の多機能オンラインストレージサービスとして利用することもできる。

そのほかの主な特徴として、あらゆるファイルを見える化(基本設定がサムネイル表示)することが可能で、aiやpsdファイルも閲覧環境に関わらずサムネイル表示できる。動画管理・再生にも対応するほか、ファイルに情報を付与すること(添付ファイル、コメント、ラベル等)や、ファイルに利用期限を設定できることも可能だ。

価格は月額9800円(標準1TB&10ユーザー)。
(辻)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す