Googleはさらに成長する!そのカギとなる「たった1つのKPI」とは … – まぐまぐニュース!

Home » 01経営戦略・事業戦略 » Googleはさらに成長する!そのカギとなる「たった1つのKPI」とは … – まぐまぐニュース!
01経営戦略・事業戦略, KPI(重要業績評価指標) コメントはまだありません




Googleの親会社「Alphabet.Inc」の決算を詳しく見ていきます。スマホ化の波にうまく乗っており、今回の決算発表でも非常に大きなブレークスルーがありました。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2017年11月7日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:シバタ ナオキ
SearchMan共同創業者。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 博士課程修了(工学博士)。元・楽天株式会社執行役員(当時最年少)、元・東京大学工学系研究科助教、元・スタンフォード大学客員研究員。

スマホ化の波に上手く乗って急成長。Googleの次なる進化とは?

非常に大きなブレークスルー

2017年7月~9月期の決算公表が、アメリカの企業を中心に始まっています。

今回は、Googleの親会社であるAlphabet.Incの決算を、久しぶりに詳しく見てみたいと思います。

Googleはスマホ化の波に乗り遅れることなく、これまでもYoY+20%以上のペースで成長をし続けていますが、今回発表された決算で、非常に大きなブレークスルーが1つありました。

売上・利益も前年同期比大幅増

初めに、決算の全体像を詳しく見てみましょう。

171109google_1

売上は$27.8B(約2兆7,800億円)で、YoY+24%で成長しています。営業利益は$7.8B(約7,800億円)で、営業利益率が28%と、前年同期に比べて利益率も向上しています。

売上と営業利益の規模の大きさもさることながら、この規模でありながらもYoY+20%以上のスピードで成長を続けているという、まさにモンスター企業です。

171109google_2

Googleの全体売上$27.8B(約2兆7,800億円)の内、$24.1B(約2兆4,100億円)は広告による収入です。

今回はこの広告収入部分に関して、非常に大きなブレークスルーがありましたので、詳しく見てみたいと思います。

Googleの広告モデル

Googleのようなインターネットの広告ビジネスのKPI(企業目標の達成度を評価するための重要業績評価指標)を分解すると、以下のようになります。

広告売上 = 広告クリック数 x クリック単価
広告粗利 = 広告売上 – トラフィック獲得コスト

業界の人には当たり前かもしれませんが、広告売上は広告のクリック数とクリック単価を掛け合わせて算出されます。つまり広告のクリック数とクリック単価の両方を上げていくことができれば、成長率が高まるわけです。

一方でもう1つ忘れてはいけないのは、広告の粗利です。

インターネット広告の場合、必ずしも広告を掲載する媒体が、自社の媒体であるとは限りません。他社が管理する媒体にGoogleが広告を掲載する場合、レベニューシェアのような形で媒体に対して、媒体費用を支払うことになります。

そのような費用のことをGoogleの決算では「トラフィック獲得コスト(TAC, Traffic Acquisition Cost)」と呼んでいます。

それでは、これらのKPIを1つずつ見ていきましょう。

Next: Googleの「止まらない成長」を確信させるKPIとは?









こんな記事もよく読まれています



コメントを残す